北海道農業担い手育成センター「北海道で農業をはじめるサイト」

農業を始める

青年等就農資金の内容

区分 内容・要件等
対象者 新たに農業経営を営もうとする青年等※であって、市町村から青年等就農計画の認定を受けたもの(認定就農者)
※青年(原則18歳以上45歳未満)、知識・技能を有する者(65才未満)、これらの者が役員の過半を占める法人
※農業経営を開始してから一定期間(5年)以内のものを含み、認定農業者を除く
借入条件等

(1)資金使途
①農地・牧野の改良、造成に必要な資金
②農地・採草放牧地の賃借権等の習得に必要な資金
③果樹の植栽、育成に必要な資金
④オリーブ・茶・多年生草本・クワ・花木の植栽、育成に必要な資金
⑤家畜の購入、育成に必要な資金
⑥次に掲げる費用の支出に必要な資金
  ・農機具、運搬用器具等の賃借権の取得に必要な資金
  ・創立費、開業費等に計上し得る費用に充てるのに必要な資金
  ・農薬費、肥料費、資料費等に充てるのに必要な資金
⑦次に掲げる施設の改良、造成、習得に必要な資金
  ・農舎、畜舎、農機具及び運搬用器具等
  ・農畜産物の生産、流通、加工又は販売に必要な施設等

(2)貸付金利:無利子
(3)借入限度額:3,700万円
(4)償還期限:12年以内
(5)据置期間:5年以内
(6)担保等:実質無担保・無保証人

手続きの流れ 青年等就農資金の内容

青年等就農資金の借入手続きは、以下のとおりとなります。
①青年等就農資金の借入を希望する認定就農者の方は、経営改善資金計画書を作成し、必要書類を添えて公庫又は農協等の窓口機関に提出してください。
②資金計画書は、関係機関から構成される合同推進会議で審査を受けます。
③審査により資金計画書が認定されれば、公庫に借入申込書を提出し、青年等就農資金の融資を受けることができます。

TOPに戻る