海外農業研修トップへ
海外農業研修デンマークオランダニュージーランドアメリカ

米国派遣農業研修生募集要項

1.応募資格
  
(1)18才以上の男女
(2)心身とも健康な方
(3)農業に興味があり、農業実習経験が5年以上ある方、又は最低2年の農業系学校の在校生・卒業者
(4)異文化交流に興味のある方
(5)家族や友人と離れて、異なった思想や価値観を持つ人々と生活する心構えが出来ている方
(6)英語での簡単な日常会話ができる方。また、英語での指示が理解できる方
(7)研修期間中の自己評価表および終了時の簡単な報告書を提出できる方
(8)市町村、農協、学校等の推薦を受けた方
(9)これまでに研修生としてJ1ビザを取得したことがない方

2.研修期間
  
3〜12ヶ月間コース

3.研修分野
  
野菜、畑作、花卉、造園、酪農、畜産、有機農業など

4.募集期間
  
派遣時期:随時

5.選考
  
書類審査・個別面接・語学テストなど
 
   
6.経費
  
管理費等 260,000円(1年間コースの場合、2010年現在)
  (事前研修説明費、現地情報収集費、国際通信費、翻訳料、派遣指導費、事務諸費)
千歳発航空運賃(片道)、渡航手続費用、海外旅行傷害保険料は実費負担
 
なお、ビザ申請の時に、在日アメリカ大使館または領事館にて、英語による個人面接がありますが、この経費は含まれておりません。(各自負担)
   

 
7.派遣先での研修等
  
オリエンテーション年1回
   
  
8.研修期間中の提出書類
  
研修中は、受入機関に簡単な自己評価書を、研修終了時には簡単なレポートを提出します。

9.研修手当
  
毎月700ドル以上が農場主より支払われます。

10.現地で必要な経費(自己負担・2010年現在)
  
アメリカ研修受入機関への支払
12ヶ月:1000ドル(うち、プログラム費用750ドル、事務管理費250ドル)
アメリカ国内移動費(約500ドル)、及び日本への帰国経費(約750ドル)

11.資金融資制度
  
就農を目指し国内外で研修を受ける方を対象として、研修に要する資金の貸付制度があります。
詳しくは北海道農業担い手育成センター(011−271−2255)にお問い合わせ下さい。

[ ↑ページのTOPへ ]